【名古屋観光初日】ツイのモタクとモタクが邂逅する

 最近マンガ『闇金ウシジマくん』を読み、「こんな話書ける作者てほんまに人間かいなーwwwwww」て笑っていました。

 

あとは40度の熱が出て入院した話があるのですが、まぁこの話はまた後日。

 

今回はヒョロワ―のもちおくん(@mtL_D9)とラブライブ!サンシャイン!!のライブエンカウントのついでに僕のおうちに泊めて一週間ほど名古屋観光しましたのでその時のお話でもしようかな、と。

 

生憎語れる日が初日、2日目(ライブ当日)、3日目(コスサミ)、5日目(静岡)くらいなので、あしからず。

 

時は平成、世にはびこるは"情け"ではなく"鬱"。

ツイのモタク 黒糖いろうはコーラをグビグビし、ビルを見上げこういった。

f:id:Rem1eye:20170815230701j:plain

「美人声優が僕に1日1万円くれれば、僕は月収30万では?」

天才だ、彼は間違えなく天才だ。

そんな天才 黒糖は茨城からはるばるきた訪問者(モタク)と名古屋名物「ありえん謎な炭水化物」こと喫茶マウンテンへと足を運ぶ。

 

 

 

f:id:Rem1eye:20170815230727j:plain

エイネェ~~!!!

 

 実はこの喫茶マウンテン、僕の推し推しアニメTOP3に入る「面白いのに何故か知名度が低いアニメ」筆頭のローリング☆ガールズ(以下ロリガ)でも取り上げられ、物語中では結構重要なポジションだったりします。

 

僕のTwitterの方の写真は名物の1つである「抹茶スパ」だが、考えても見て欲しい。抹茶スパて何?

単純明快だ、抹茶スパのスパだ、それ以上でも以下でもない存在だ。

そう考えるとヒトであり、ヒト以上でも以下でもない人間と似ている。

 

とりあえずどのメニューを頼めばよいか全くわからなかったので、店員のお兄ちゃんと談笑。

ロリガを感じるために、ここは抹茶スパを選択すべきだろうが、ここは自分に素直になって果物の中で一番好きなメロンを選択。

「メロンスパ」...一見「メロンの風呂ですか???」てなりそうな名前だな。

 

f:id:Rem1eye:20170815230759j:plain

僕は考えた、18年生きた経験、思考をフルに回して、目の前にある「温かい生クリームとメロン」が現実のものか、とにかく考えた。

 

手に取る、口に含む、うむ、熱い。しかしメロンの味はする。あれ、僕は今何を食べているんだ...食べながら自分とは何か、この世とは何か、そんな哲学じみたことを考えていた。

 

 

 また、好きな女の子を目の前に配置することにより、自分の退路を完全に断ち切り、ツイートにあるように「好きな子が僕にこのメニューを作ってくれた」と強く信じ込んで食べることにしたが...。

 

f:id:Rem1eye:20170815232354j:plain

うーん、普通にキツい!w

 

店の方、イキってすみませんでした。次は3日断食し、プチお釈迦様になりて参りますぞ。

あと、ロリガの登場人物たちみたいに暴食できない、暴食できるような胃と意を僕は持ち合わせていない。 

 

昭和区にある(?)喫茶マウンテンから僕の住んでいる一宮市まで帰り、野球経験者のもちおくんを連れてバッティングセンターへ向かう。

 

黒糖はちょっぴり野球をかじっていて「一小の堂上直倫」と呼ばれていた。嘘です。

 

f:id:Rem1eye:20170815230813j:plain

便のコーラって雰囲気と趣があって本当に好き。特に夏に飲むと「あはぁ~ん夏だわね!」となる。

僕はホームランのパネルに当たる白く小さな花火を見て一服かました。

 

バッセンで風情ある日本の四季を感じ終わったところで、僕のいきつけの銭湯へ向かう。

ここはかなり安いうえに、設備もかなりしっかりしていてよく愛用している。450円で炭酸風呂に釜湯、露天風呂にジェットバスまでついていたら文句はない、これで文句ある人間は帝国ホテルいっチャイナ!(チャイナ!)

 

風呂のシーンが見たい方は大勢いると思いますが、僕の事務所からNGが出ているので見せられません(泣)(泣)(泣)(泣)

 

こういうこと書いていると自分でもすごく悲しくなるよ、慰めてくださいね。

 

f:id:Rem1eye:20170815230834j:plain

「いつもの」お風呂乾杯セット。

これから一週間めちゃくちゃ乾杯するけど、その皮切りと言ったところ。

 

今日のこと、明日からはじまるライブツアーのこと、色々話して家に帰る。

僕はひたすら本日提出のレポートを打ち込むのであった。

 

2日目に続く

このブログのポリシー

メリークリスマス!どうも黒糖です。

 

さて、今回は最初の投稿でも軽く触れたこのブログの方針について、少し不覚触れていきたいと思います。

rem1eye.hateblo.jp

 

このブログのタイトルについて

「六畳間のアパート」

まずこのブログをご覧になられた方は「うわこいつ都内築40年で風呂なし山手線沿いのアパートかなにかに住んでんの??」と思われるかと思います。

ここではっきり断っておきたいのですが、僕は大学生で普通のマンション住みです。

ついでにいうとオタクです。

まぁ正直な話、最近のアニメなんも見てないから話振られても分かんないんすけどね!ガハハwwww

 

さて、この六畳間のアパートの由来は何か。単純に僕の好きな某バンドお気に入りの曲の歌詞から引き出し参考にしただけの言葉で意味は特にないのです。

ブルーハーツレミオロメンと有名なロックグループのバンド名も実は何の意味も持たないそうですし、僕も意味を持たないブログタイトルにしたら伝説のブロガーになれるかなぁ、とそんな線香花火のような淡い喜望を散らせながらこのタイトルを付けました。

 

ワールドアパート

ワールドアパート

 

 このブログの目的

当初「自転車以外のことを書く」と記しましたが、これの他にも誰かの暇つぶしになってくれればいいかな、という目的というか思いがあります。

自分が電車で登校する際にスマホで他の方の書いたブログを読むので「こんなブログ記事あったらいいなぁ」と自分で思うものを書き、それをフォロワーの皆さんにもご覧いただく。

あくまで自給自足という建前の上やっています。

自分で満足の行く記事を書き(書けてるとは言っていない)、自分で読む。

ブロガー版千寿ムラマサといったところか。

 

f:id:Rem1eye:20170624021224p:plain

Yahoo!で千寿ムラマサと検索すると何故かアナログイラストの園田海未が出て来る理由についてはまだ明らかになっていない。胸のサイズも違うし、どうしても間違えることはないと思うのだが...??

 

Twitterは1つの投稿で入力できる文字数に限界がある

Twitterで「あ、これについてつぶやこう」と思いつぶやこうにも文字数がオーバー!これって結構な頻度で起こることなんです。

僕の場合、文章能力が他と比べて非常に貧しいのでどうしても長くなってしまいます。もうこの時点で1000字を超えてることがそれを物語っています。

ので、文章をつらつら書くというか、キーボードをバンバン叩くためにブログを更新している、というのもありますね。

ただ、気分で更新するためやる気がない時は全く更新しません。

ブログ界の山田エルフ大先生と言ったことろか。

 

自己満足の集合体

結局のところこれに付きます。自己満足でカタカタしてます。

キーボード叩いてると仕事に追われている社会人みたいでなんだか憧れがありますね。これを俗に言う大二病ですかね。

あと4年もしたら嫌でもキーボード叩き続けてカフェインブチギメするハメになるのにね。

 

 

今日はここまで!!

僕の暇つぶしが誰かの暇つぶしになればそれ以上の至福はありません。

毎日の通勤、退勤、昼休み、デートで気まずくなってスマホをチェックする時のオトモにしていただけるようこれからもクスッとなる記事を目指します。

 

 

【MHX】猿とガイジ(双獅激天ソロクリア)

今回はMHXイベントクエスト(双獅激天)をソロクリアした話をします。

 

事の発端はこち

 

 

ここで訳のわからない誓いを立てたことがきっかけとなりラージャン二頭同時狩猟の闇へと葬り去られたのです。

 

それでは早速装備の方をご紹介しましょう。

f:id:Rem1eye:20170614173509j:image

 こちらが対ラージャン二頭装備。スキル解説といきましょう。

 

回避距離UP

単純に生存スキルというだけでなく、剣モードでの基本的なころりん移動のためのスキルとも言えます。

剣モードの場合、斧モードに比べ移動スピードが半減するそうです。御存知の通りただでさえ鈍足な斧モードから更に遅くなるのは恐ろしさしかありません。

このスキルがないと僕にとって全てのモンスターがハードモードと化します。

超会心

こちらはMHX時代手数武器では必須と言われた攻撃スキル(MHXXでの扱いは買っていないのでわかりませんが)

この時代のスラアクは剣鬼→エネチャの卍ムーブが可能でしたので、手数の多い剣モードとも相性が良く、ダメージソースになっていたスキル。

 

見切り2

超会心は最新攻撃が決まるたびにダメージが増えるため、単純に高い会心率を維持するために入れました。

 

弱点特効

斬撃でのラージャンの弱点は頭、後ろ足(尻)と攻撃しやすい場所が弱点のためこちらを採用。MH4G時代での弱点特効は「肉質45%時にその部位の肉質5%UP」という効果でしたが、MHXにてMHP3と同じく会心率50%アップというスキルに戻ったため、超会心との相性が良いということで入れました。

 

頭装備の隼刃の羽根飾り、セルレ斧の元々の会心率、見切りを合わせて常時会心率70%を誇りながらも弱点特効で会心率120%にまで底上げ出来てしまう。120%になると常時会心ですので、常に超会心の恩恵を受けることになります。なんとも恐ろしい破壊力を持つようになってしまいました。

 

持ち物

 

使用した持ち物は上記のもの。

回復薬Gを9個も消費している時点で程度がわかるプレイヤースキル。

ここには記載されていませんが、けむり玉7個も使用しました。

二頭同時のクエストではパッと見で小さい方を狙うという弱者を狙い上へ這い上がる狡い僕の人生を表すかのような戦法を用いるので今回もそれに則って先に小さいラージャンをけむりと柵で分断。

しかし、途中でけむりと柵が同時に切れ、大きい方のラージャンに見つかりビームでワンバン。

まさに策士策(柵)に溺れると言ったところか。

そしてこれはゲーム外のことだが、クリアした時間が時間だった(午前4時)ので、バリバリカフェインとって無理やり身体起こしてました。

次の日普通にバイトがありましたが、半分寝ながらバイトしてました。

 

実践した立ち回り

  1. 小さい方から狙うこと
  2. 基本後ろ足に張り付きながら立ち回る。僕自身が仕掛けた罠やオトモの罠にかかったらガツガツ頭を狙う。
  3. 切れ味が多少落ちても安全を取れるまで研がない

心がけていたのはこのくらいかと。

先ほどでも挙げた1が大事だったんだなって(小並感)

 

オトモアイルーについて

このことを書くためにこの記事を書いていると言っても過言ではありません。

正直オトモのレムが欲しいタイミングで二度猛毒落とし穴を仕掛けてくれなかったらこんなに早くは終わらなかったと思います。

それこそレムの劇中のセリフであるところの「レムが1番欲しかった言葉を1番言って欲しかった時に1番言って欲しかった人が言ってくれた」のような感じです。

また別記事でオトモアイルーの有用さについても語らせてください。

 

総評

これをクリアしたのは3ヶ月前。これをソロクリアしたらXX移行すると言ったものの、このクエストソロクリアをしたことにより熱が一気になくなり未だにMHXXはやれていません。

本当にこのレベルができるようになった...やっと一人前の狩人だ、と思えるようになっただもう満足かな、と。

そんな今、ただ言えることはモンハンは持ち物と装備でプレイヤースキルを補えるということ。

自分に適性のある武器とスキル、そのフィールドに、対象モンスターに合わせたアイテム、オトモ。これらが揃っていればなんとかなります。

勝てないかもしれませんが負けることも少なくなります。(タイムアップがあるかもだが生存確率は高くなる。その分狩猟速度も遅くなる)

敵を知り己を知らば百戦危うからずと言うように、自己分析と相手の分析は必須ですね。

 

書きたいことが多いかなと思い書いた記事ですが、言うて書くこと少なかったのでこの辺りにします。ゲームブログって難しいですね。

 

 

GWに歌志軒行きまくった話

あらかじめ断っておきますが、小生は歌志軒の回し者ではありません。

 

はい、性欲、食欲、睡眠の三大欲求全てが人の上を行く者、黒糖です。

今回はその中でも食欲のお話をして行きたいと思います。

題名にある通り、GWに名古屋を中心に発展する油そば専門店歌志軒に行きまくったので、その様子をつらつらと書き綴ります。

 

まずはじめにGWの夜飯をご覧ください。

5/3 歌志軒 一宮駅前店

f:id:Rem1eye:20170615092154j:image

5/4 歌志軒 名古屋駅西店

f:id:Rem1eye:20170615092234j:image

5/5 はなび 栄店

f:id:Rem1eye:20170615092258j:image

5/6 歌志軒一宮駅前店

f:id:Rem1eye:20170615092314j:image

 ごらんの通り麺しか食べてません。

5/5のみ、はなびになっておりますが、リバーシのルールを適用するとこの日の飯も歌志軒になるので実質4日連続で歌志軒を食べたことになります。

 

本日はなぜ僕が歌志軒を求め続けるのか。永遠の議題とも言えようこの問題に真摯に向き合っていこうと思います。

ではまずは考え得る理由を列挙していきます。

 
シンプルに美味しい

これに限ると思います。僕は好きですよ、この味。ただ単にラーメン戦闘数が少ないだけなので「歌志軒美味いとか舌どうなってんだwwww」と笑われるかも知れませんが、それでも僕は好きなものを好きと言い続けたいです。

まず、麺。歯ごたえのある、そして箸が止まらず啜り続けてしまうほどの美味しさを誇る麺。2分後に君が大げさな荷物背負って来る頃には食べ終わっていることでしょう。

 

豊富なトッピング

プラス100円するだけで充実したトッピングを添えることができ、そのトッピングで味も大きく変わります。

ランチタイムになると200円払うだけで何種類かのトッピングがつくというお得なシムテムも存在することからも歌志軒はトッピングに力を入れているのが伺われますね。

僕のオススメトッピングはマヨネーズ、卵黄、チーズです。特に筋トレ好きの僕は卵黄をよくトッピングします。

ただし、卵黄は一宮駅店にはなかったので、名古屋限定なのでは、という仮説が立っております。またこの辺りも調査していきたいです。

 

値段がリーズナブル

学生とは時間はあれど金はないといった存在。僕もまた例外なく金はない。陰キャラなのでサークルにも部活にも入っておりません。暇。

そんな僕が一食に出せる金額はせいぜい700円でしょう。それでも高いと思うけれど。

少なくとも時給以上のものは食べる気になれません。

歌志軒は並盛り大盛り共に630円です。

人によってそれぞれでしょうが、僕はこれを「まぁまぁ安い」と捉えます。

麺屋はなびはもう少し高買ったと思いますし、そのほかの美味しいと言われるラーメンってだいたい900円前後だったりします。

210円以上の差があると「その210円でサラダチキン1つ買えるねー」と思ってしまう僕にはありがたい価格。

 

 

これら3つが「僕が歌志軒にいく理由」ですけど、正直ブログに書くためにかしこかしこまりましたかしこ〜〜〜〜

実際はこんなこと考えずに身体がラーメンを求めている状態なのです。

歌志軒より美味しい店なんて腐るほどあるぞ、そこへ行けそこへという方は是非Twitterかコメントまで。

 

以上

 

 

追記

f:id:Rem1eye:20170616095452j:image

期間限定の歌志軒キーマカレー を注文しました。

オトモには卵黄とマヨネーズという僕のカロリーキングセットなわけですが、これにカレーも加わりめちゃくちゃマイルドで量も多いという真理に近いラーメンができました。

ただこのキーマカレー、680円でチャーシューが入っておりません。

そこが唯一悔やまれるところ。

 

 

まぁ何はともあれ僕はこれからも歌志軒消費豚としてズルズル麺を啜っていこうと思います。今月はあと4回ほど歌志軒行く予定が入っているので、この調子で歌志軒に貢献しまくってのちに歌志軒ヨーロッパ進出の力になればなと思います。嘘です。おわり。

はてなブログ処女を捨てた

しゃーーーーす黒糖いろう (@K_LL9) | Twitterです。

初めましての方ははじめまして。そうでない方はおはようございます。

 

以前僕はFC2ブログさんの方でにわか雨というブログを描かせて頂いてました。

umican0315.blog.fc2.com

説明にある通り自転車が主なブログだったのですが、昨年の夏に愛知県から東京日本橋までクロスバイクで行った時ちょっと肉離れっちゃってそれ以来1年近く自転車に乗っていなかったので「チャリブログなのにチャリのこと書けないのヤバない??」という気持ちと「最近ブログ更新してなくて読者ガン減りしたから更新したいけど、読者は自転車記事が読みたいんだよな...でもブログ書きたい」という気持ちが交錯(クロス)したので、新たに自転車のこと以外のブログということでこちらの方を併設させていただきました。

 

とは言っても本家にわか雨の方では既に天才飯の記事のように自転車の1mmも関係ない記事がはびこっていますし、今更って感じはしますけどね。

天才飯を作った - にわか雨

 

さて本題へ(本題は大半終わった)

 

とりあえず暫くの間、こちらのはてなブログさんの方を使わせていただきつつ、以前使っていたブログとどちらがいいかよく考えてブログの続行を決めていきたい次第あります。

まぁそれぞれにいいところがあるわけで。短期間でこっちのがいい!なんてこと決められないよ。

 

目指せ週2投稿。お疲レム~